今日が吉日
プロフィール

のし

Author:のし
twitterアカウント@go5goichi
よろしくお願いします。

大阪在住、週末ライダー
相棒 anchorのRA5



最新記事



カテゴリ



ブログランキング

参加しています。よろしければポチリお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村



月別アーカイブ



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の土曜練 ~松田YOU作への道~ その2

前回の続き。

和歌山広域農道にて、連続アップダウンに思わず松田YOU作と化したワタクシ。
小雨降る中、えっちらおっちら踏ん張って越えていきます…。
ジーパン刑事よ、永遠に。見たことないけど。


こういう極端なアップダウンって難しいんですよねぇ。
下りの勢いのまま上りきれれば一番良いけれど、そうそう上手くはいかない。
上りの中腹、悪ければ序盤で失速するし、そこからの頑張り具合がなかなか掴めない。

勢いに乗せてがむしゃらに頑張ればいいのか?
勢いが落ちるまで流れに任せて、そこからゆるゆる回せばいいのか?

ベテラン勢は良く後者を推しますが、効率良く走れてる気がしない…。
かといって前者でいっても、がむしゃら=必死ダンシング になってただただしんどいし。
頭では後者が良いのだろう、と納得というか、分かっているのですが、その走りを習得するにはなかなか骨が折れそうです。


またしても安心安定の最後尾で皆さんを追いかけ、やっとこなんじゃこりゃアップダウン×3を終えた後、ちょこちょこ目に入る「華岡青洲」の文字。
江戸時代、和歌山出身の外科医で、世界で初めて全身麻酔での手術を行ったんだそうな。
建築家の故・黒川紀章が設計した博物館?もこの辺じゃなかったかいなー。
徳川吉宗と並んで和歌山二大偉人やもんなー。宣伝にも力入るわなー。

なんて現実逃避をしながら走っていると(当然ほかの皆様は遥か彼方)、ずっと京奈和自動車道に沿っていた広域農道が逸れ始めます。
そろそろ大阪への道、交差点で先行した他メンバーが待機してくれてました。


「じゃー、ふうの丘で休憩いれよか」


やっと休憩かぁ、…で、ふうの丘って?


「あっち」


…えっ、え?(二度見


「あっち」(いい笑顔


…なんじゃこりゃぁぁ!!!


はい、松田YOU作 3回目。
示されたのは真っ直ぐ山へと沿って伸びる、白いガードレールの向こう……。
マジかよ……(›´ω`‹ ) ゲッソリーニ
小雨が骨身に沁みるぜ……(物理


ヒーコラヒーコラ、上った先はファーマーズマーケット・ふうの丘。

2015070801.jpeg

2015070802.jpeg

旬の野菜や果物が安く買えるということで、ファーマーズマーケットとしては規模そこそこですが、地元民で結構にぎわってました。

2015070803.jpeg

桃食べたい(笑

先に到着、休憩していた皆さんにならって温かい揚げたてコロッケ(80円)を購入。
…美味いんだけど…揚げ物はちと辛いかな…(´ω`;)
気温が高くなくてかえって助かったかも。
皆さん美味しそうに食べてるけど、ワタクシまじでグッタリ。
なんという手頃なドSコース…。あの広域農道は松田YOU作ロードと名付けよう。ハイ決定ww


ふうの丘で中休憩をとったあとは、大阪に向けて帰還します。
どこを走るかと言えば…悪名高き、鍋谷峠。
和歌山側からの上りを、通称「裏鍋」と言います。
  …和歌山の人は逆に呼ぶんですかね?(笑

まぁ悪名高き、というのはワタクシの勝手な思い込みですが。

・路面状況が悪い
・道が狭い
・交通量が多い

など聞かされ、悪い印象が強い。
皆から止めとけと言われるし、現住所的にもそう良い位置ではないし、で今まで上ったことがありませんでした。
う~む、しかし大阪南部に住んでいる限り、いつまでも避けては通れない峠です、鍋谷峠。
仕方ない…、腹をくくって上り始めます。

ふうの丘から下って、最初は割と広くて良い道。最近整備されたそうですね。
ただびみょ~~~な斜度があるようで、全然速度が上がらない…。しんどい…。
わかっちゃいるけど、早々に他メンバーの姿が見えなくなるのも辛い…(笑

「いや、スタートはまだ先だよ」

え…。何それ…。
軽く絶望を与えられながら走っていると、目の前に山が……。
あ、あれ……
な、
な、

なんッじゃこりゃぁぁあ!?!?


おかしい!
ガードレールの位置、おかしい!!
あんなところまで上るの?!無理だよ!!
松田YOU作ロードは終わったはずじゃなかったのか!!
なんという視界の暴力。
見た目だけで三十路女を泣かせる鍋谷峠。
最早脚つき上等、歩いた方が絶対早いナメクジ速度でジリジリ上ることとします…。

2015070804.jpeg

全体苔生した壁。

2015070805.jpeg

一瞬視界が開けてもうすぐ?あとちょっと?の錯覚に囚われるが残念まだまだ。

ブロガーの端くれとして意地で撮った写真ですが、雨でレンズが曇ってますね。(´・ω・`)しかもブレブレ…
一旦自転車を降りて撮れば良かったんですが、脚をついたが最後、絶対上りきれない気がして降りれませんでした。
ボッチ登坂は慣れてますが、ほんまダラダラ長い。
いつ速い人が可愛がりという名のお迎えに来てくれるかと、今か今かとチームジャージを待ちわびていたのですが、一向に現れない。
どこまで続くねん…!!(泣
心折れる…

やっとOさんの姿が見えて、

「あと1キロ!」

の励ましにペダルを回す。
また少しして、KCさんが降りてきてくれた。

「あと1キロ!」

変わってへんやん。

Oさん 「いやまぁ、約1キロってことだよ(笑」

貴様ァァァ
上り中の距離詐称は万死に値すると知っての所業かァァァ(怒

しかし残り1キロを本当に(笑)切ると、また他のチームジャージが降りてきてくれます。
降りてきて、くれて…
みんな…


全員でお迎えに来るのヤメテ \(^q^)/


とんだ逆VIP扱いだぜww
更にチームでも有名な走り屋DKさんがつきっきりで上りコーチングをしてくれます。

「下向いたら呼吸がしんどくなるから!前向いて!」
「上ハン持つときは親指握り込まないで、ほかの指と方向同じにしたら楽やから!」
「どうしようもなくなったらダンシングで休むんや!!」


なにしたって上りで休めるかっちゅーの \(^q^)/


前々から思いますが、この『休むダンシング』って謎なのですよね…。
ペダルを踏むのではなく体重で落して回す、って理論らしいですが、腕と背筋が攣りそうになるんだがww

いやいやもうマジで休みつつ上るとかそんな段階やのうて、鍋谷どこまで続くん…ヒィヒィ

ゴールは鍋谷峠の看板を少し過ぎた、電光気温計。

2015070806.jpeg


力尽きたワタクシをMさんが激写。

2015070807.jpeg


登頂記念?半死ですなww
まぁ、一度は行っておかないといけないと思っていた鍋谷を撃破?出来た?ので、良しとしましょう…。

思ってたより速かったよ、なんて言われていい気にしてもらって、今度は下りです。
大阪への下りは和歌山側より斜度がきつく、段差も多い。
しかも雨がずっと降ってるその日は路面コンディション最悪。
細心の注意を払って慎重に下りるのですが、冗談抜きで三回くらい死ぬかと思た。
雨で体が冷えて寒いわ、
枝・小石オンパレードの小川状態だわ、
取付が甘かったテールライトもぶっ飛ぶわ、(無事回収できましたが)


雨の鍋谷、ダメ・絶対。

景色は悪くないので、和歌山側からのゆ~っくりのんびり帰還経路としてなら有りかもしれませんがね~。
全体的にそんなにキツイ峠ではないはずなのですが、多くの人がどこかへ遠征した後にここを越えて大阪へ帰るので、鍋谷=特別しんどい というイメージを抱きがちなのだとか。なるほどな~。


這う這うの体で下り終えた後も雨は同じような調子でずっと降り続け、寒さに震えながら戻ったのでありました。
涙の土曜練…、これにて閉幕!


(まとめ)

走行距離 93.88km
走行時間 4:38:58
平均速度 20.2km/h

・裏鍋は余力をもって臨むべし
・一旦濡れた後は案外雨も平気
・ただし平常時の倍以上注意すべし
・雨の後はしっかり水分をふき取るべし


スポンサーサイト


コメント

裏鍋谷の、あの麓から見えるガードレールはなかなかの絶望感を与えてくれますよね~
でも気が付けば「これ、下から見たガードレールやん」みたいな感じで、いつの間にか登れてしまっていますよね(笑)
[2015/07/09 16:04] URL | yakky #- [ 編集 ]


ごめんなさい、笑ってしまいました…
皆さん優しいですね。
コースはどSですけども。

周りのレベルが高いと、ついていくのは大変ですけど、きっとのしさんの成長も早いですよ。
1年後にはチームの人についていくのも余裕が出来てくるんじゃないかな。

鍋谷峠って恐ろしいんですね。
名前はブログなどでよく目にするのですが、写真のブレ加減がリアルにすごく大変な坂だって思わせます。
でも確かに、みんなして降りてきてくれなくてもw
嬉しいんだけど恥ずかしいですよね。

あ、ふうの里の桃1ケース1000円也!安い!!
欲し~い!
でも食べきらないなあ…

[2015/07/10 04:57] URL | あおこ #- [ 編集 ]


ふうの『丘』だったー!

恥ずかしい!ごめんなさいっ
[2015/07/10 18:14] URL | あおこ #- [ 編集 ]

yakky様
yakkyさんがいつもひょいひょい上っては下ってしておられるので、知ったかしておりました。反省。
なかなか上りごたえのある峠ですねぇ…。
確かに下で見たガードレールの位置まで来たときはちょっと感動です!(笑

…しかし、いつも野菜とか果物を買われてるところ、全然分かんなかったです…。(´;ω;`)
今度教えてください!
[2015/07/10 18:30] URL | のし #- [ 編集 ]

あおこ様
コメントありがとうございます~。
やったね、受けたよ!\(^q^)/
身体を張った甲斐があったというものです(笑

みんなに遅れて待たせたり、お迎え来てもらったり、いつも申し訳ないな~と思っているのですが、それがあるからこそ上達も出来るってことですよね!
呑気に一人走ってるとまったく負荷もかけませんので…。
でも本当に次々降りてくるのヤ~メ~ロ~ヤ~ってなります(笑

鍋谷コワイ…ですが、多分あおこさんが普段上ってる峠より楽だと思う…!!あおこさんコワイww
っていうか自己申告しなければ絶対気づかなかったのに~wwええお人や…(笑
[2015/07/10 18:36] URL | のし #- [ 編集 ]


ユルポタからのクライマー転向おめでとうございます!しかし「なんじゃこりゃあぁぁぁあ!」って何回撃たれてるんすかw
チーム練の面白そうな雰囲気がひしひしと伝わってきました。みんなで走るのってええですね。カンペキ可愛がり受けてますけども(^ω^)

裏鍋は途中から記憶がなくなるステキルートだと思いますが、個人的に登るのは半年に一回くらいでいいかなぁ・・・
YOU作ロードはそっち行った時にチャレンジしてみますwww
[2015/07/10 23:25] URL | さいちゃん #- [ 編集 ]

さいちゃん様
チーム練、楽しいですよ~。
やはり一人で走るのとは違って楽しいし、色々情報交換もできますし。
いつか誰かを可愛がりしてみたいものですのぅ…(´・ω・`)

YOU作ロードはそんなに距離はないですが、車も少ないし結構な練習道ルートだとは思いますン。
裏鍋はマジでしんどかったですね…。
さいちゃんさんのほのぼの走行レポに騙されたッス!!
[2015/07/12 00:17] URL | のし #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。