今日が吉日
プロフィール

のし

Author:のし
twitterアカウント@go5goichi
よろしくお願いします。

大阪在住、週末ライダー
相棒 anchorのRA5



最新記事



カテゴリ



ブログランキング

参加しています。よろしければポチリお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村



月別アーカイブ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心地よい乗り物、自転車

人馬一体(じんば‐いったい)

…騎手が馬と一つのからだになったかのように、巧みに乗りこなすこと。
 例 「―となり野を駆ける」

(デジタル大辞林より)


そう…。
自転車とヒトは、もっと近い存在となるべきである。
まさしく一体の走るイキモノとして、大地を駆け巡るべく…。



イヤ兎に角もっと楽に乗りたいねんな。


結局はそれにつきます。
自分の筋肉をエンジンとして走る自転車は、バイクや車よりもっと自分の体にフィットさせる必要があるし、その余地も大いにあると思います。
だからこそペダル・サドル・フレーム・ホイール・タイヤにハンドル…さまざまな箇所にさまざまな種類があるのでしょう。
乗っては合わせ、乗っては合わせ、あーでもないこーでもないと頭を悩ませ時間を費やし、
だからこそ出来上がった自分仕様、『世界で自分一人の為の一台』に人は愛着を持つのでしょう。


でもそんな技術も根気もないんねんな。


なのでかなりの部分、よそ様の力を借ります。
いーのです。
それが持ちつ持たれつ…社会ってもんです。ん?なんか違う?

つまりなんだって言うと、フィッティングに行ってきたって話ですよwww
それだけの為に前置きが長いのですがいつものことです。

今回のレポはかなり長くなりますので、その辺よろしくお願いします。
あとレポっていうかタダの自慢っていうか、読み物ですな。





前々から長距離を走ると膝に傷みを感じていました。
ペダルを回すのが辛いくらいになると、鈍感なワタクシでも流石に少々不安になります。
自転車にはこれからもずっと乗っていたい。
レース…は兎も角、イベントにも行きたい。
ブルベなんかの長距離も走りたい。
もっと遠くに行きたい。
これからも楽しく自転車に乗るために、ここらでちょっと(懐的にww)頑張ってみっか!ということでプロにチェックしてもらうことにしました。
最近は次郎ちゃん自身もちょいちょい良いアイテムを装備しだしたことですし、乗っかってるエンジンも少しは改良しないといけませんよね~。

ねっ、次郎ちゃん!

2015070301.jpg



………んっ?なんか次郎ちゃん…違くね?

気づかれた貴方様はかなりの自転車バカ…自転車通と見た!
ではでは、良くご覧くださいませ。

ビフォー

2015061901.jpg



アフター

2015070301.jpg


間違いさがし、分かりましたでしょうか?( ^ิ ౪ ^ิ )ニヤリニヤリ
答えはズバリ……ハンドル!!

2015070302.jpg

あ、背景は無視してください(笑

クランクに続き、今回はハンドルがコンパクト化

そもそも次郎ちゃんってば、購入が昔なのでコンポから何からほとんどが旧式です。
まぁロードバイクの技術も日進月歩、一年で新モデルがでるような世界なのですから、5年以上前ゆーたらそらもう旧世代ですわな。
老兵ですわ。
野球で言うたら山本昌選手ですわ。え?言い過ぎ?スンマセン。
それでも現役でちゃんと乗れているのは我が愛ゆえ、アンカー・アルミフレームの堅実・強直さゆえではないのでしょうか。
良く分かんないけど。

おっと横道・ソレル、修正します。

つまりハンドルもやっぱり旧式、アナトミック、と呼ばれるものらしいです。
特徴としては、
・ドロップ部分の一部が直線
・下ハン使用時、ブレーキレバーまでの距離が遠い
・ポジションが合えば天国、合わねば地獄

一時期はこれが主流だったようですが、今や猫も杓子もコンパクト(=アナトミック・シャロー
コンパクトに非ずんば人にあらず…とまでは言いませんが、最早完成車にこのアナトミックハンドルが付くことはないであろう、とのこと。
短時間のネットサーフィン調査の結果、「シャローに死角なし」と言う人までいるくらい。

・どこでも持ちやすい
・コンパクトなのでポジション変更がスムーズ
・手が小さくてもブレーキレバーが握りやすい

つまり

ハンドル、デカすぎ。
チビ(=全長155cm)なんだから、身の丈にあったコンパクトにしなよ。

ってことですな。
しかし呑気で腰の重いワタクシ、説明をされても「ふーん、そーなん( ゚ ρ ゚ )ボーーーー」でずーっと聞き流しておりました。

え~、まじか~?
でも別にねぇ、レースで上位を狙うわけでもなし、
のんびりポタポタやるのに下ハンなんてほとんど握らないし、
下ハン握らなきゃ別にポジション苦労なんてのも感じないっしょ?
なにより今、不便って感じてないし、このままでもいーんでないの?

…って…

…クランクを替えた時もそうですが、本当に人のアドバイスを聞き流しすぎですww
詳しい人の言うことは素直に聞きましょうwww
これ、人生で大切なことですよ。テスト出ませんけど(`・ω・´)キリッ

で、今回の先生はこちらの御代です。


2015070303.jpg


                / ドーン \


おわかりですね?

奥様を自転車ラブにさせるべく、ロードバイクを一から組み立てるだけでは飽き足らず、最近はサビサビドロドロの中古MTBをピッカピカにレストアしちゃうまでに…
自転車弄りについてはちょっとイケナイ域まで神がかってきている『歌って踊れるローディ目指して』のあぶしゅさんです!!

一体この人、何台所有する気やろ、とか思ったり思わなかったり…


ブログを見ていただければその技術力は一目瞭然で、メカさっぱりのワタクシが今更何を言うものでもありません。
今回の大改造は全て、あぶしゅ様のご厚意によって実行されました。

最初はブログの記事にもあります、『買ったものの取り付けられなかったトライゴンのカーボンシートポスト』をワタクシに譲ってあげるよ、というだけの(それにしたって、ですけどww)お話だったのですが、なんだかんだでハンドルまでも変えていただくことに…。


…なにがどうしてこうなった??(´・ω・`)??


いやほんと、ワタクシにも良く分かんないんですけど…。
今書いてても良く分かんないんですけど、まぁあぶしゅさんが良い人だってことで良いです??

それでは前置き終了、ちゃんと改造本編の始まりです。



次回からねww


ホント、だらだら長くてスミマセン。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。