今日が吉日
プロフィール

のし

Author:のし
twitterアカウント@go5goichi
よろしくお願いします。

大阪在住、週末ライダー
相棒 anchorのRA5



最新記事



カテゴリ



ブログランキング

参加しています。よろしければポチリお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村



月別アーカイブ



カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏ライド心得

自分覚書用です。


夏ライドはまず、ダブルボトルが基本

2015072201.jpeg

一本は補給用、もう一本は頭からかぶってにわか冷却用です。
特に保冷仕様でもなんでもない普通のボトルですので(しかも黒)炎天下一時間も走ったら当然温い。
かぶった瞬間、「温ッ!!」って逆に驚くのですが(笑
風があればすぐに涼しくなるので問題なし。
…まぁ、恩恵は一瞬ですけどね。ないよりましな装備。

中身は水一択です。
最近ポカリとか甘いドリンクがなんだか苦手になってしまった。
本当は補給の為には色々手を加えた方が良いとは思うのだけれど…。
その分こまめにコンビニピットインして補給するようにしてます。


夏の炭酸飲料は正義!

2015072704.jpeg

しかし缶、350mlはちと辛い…300mlでもちょっと多い…。
250mlが一番いいのですけど、割高なんよね~(笑



あと夏と言えば紫外線対策。
もう手遅れな気もしますが…(´;ω;`)
この間も「顔だけ焼けてる」って言われてしもた…(´;ω;`)
肌が弱いので強い日焼け止めはNG。
ベビー用です(笑)
和光堂です(笑)

しょっちゅう塗り直してます。
濡れティッシュとゆーかサラサラシート、なければ応急処置でティッシュ濡らしたやつで拭ってから塗り直す。
水でザブザブ洗えるなら洗う。
化粧?
そんなもんは端から度外視でんがな。ほぼすっぴんでんがな。

本当はベースから何から一通りはしたいのですけどね…(´・ω・`)
イヤイヤ、すっぴんで勝負できるなんて思い上がりはありませんよ。化粧は女の鎧なのよ(笑
ウォータープルーフのものを使えばそれなりに出来るのでしょうが、どうもね…。
もとから化粧が上手でない、そういった知識に乏しい、肌が弱い、など諸事情によりすっぴん一択なのです。
チームのTRちゃんとかはいつでもばっちりメイクで、走り終わった後もほとんど崩れてない(ように見える)
今度お化粧指導してもらおうかしらん。

ちなみにチームの人とはすっぴんでお会いすることがほとんどですので、たまーに自転車なしでご飯に行ったりすると「化粧とかするんだ!?」と言われます。
そらしますわなww



最後にライド後のケア。
先日から色々教えてもらって、早速運動後のプロテインとやらを飲んでみました。
何が良いのかは良く分からないのでとりあえず有名どころ、SAVAS

2015072705.jpeg

これは正しくはプロテインじゃないのかな?
一応ちゃんと「運動後に」って書いてる。



お味の方は………(´;ω;`)察してや………。


幼少時の風邪薬思い出したで…。
ムキムキになる為ではなく疲労回復の為、何が良いのか模索してみようと思います。
お味も含めてね(笑

これを探してみたんですが、周辺のコンビニは全滅。
コンビニでは買えないのか?


サプリに加えて温冷浴というものも試してみる。
お湯と冷水を交互に入ることで、疲労物質が抜けやすくなる、…らしい。
まぁ別にやってみて損はないので、ライド後のシャワーで実践。
お湯→冷水→お湯→冷水 を試してみたところ、うーん、なんかいいかもしんない!(゚∀゚)☆
今は夏なので単に冷水が気持ちいい、ということもあるだろうけど、普通にお風呂に入るよりすっきりしますね。
最後に冷水で締めると、毛穴が引き締められ発汗も抑えられる、らしい。

本当は銭湯の水風呂で肩まで浸かるのが良いようですが、ま、それはしょーがない(笑


夏のライドが少しでも快適になりますよーに☆(`・Д・)ノ=☆ハァッ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
暑さに負けて、ご近所ブラリヘタリ
あついですね…

ほんと、あっついですね…(´Д`;)

ドロドロに溶け出してしまいそうな、生命の危機さえ感じる暑さが連日続いておりますが、皆様ご無事でコギコギされてますでしょうか。
南大阪も絶好調な暑さ、かつ結構な強風の週末。
それでも自転車に乗らないという選択肢がほぼゼロなのは、

・自転車を愛しちゃってるから
・自由を愛しちゃってるから
・他に予定がないから


まぁ、こんなところでしょうか。べ、別に友達がおらんのとちゃうし!(滝汗


てなわけで今週末も愛しの次郎ちゃんと過ごしたわけです、2015、夏。

2015072702.jpeg

土曜日は午前中、いつもの練習会に参加してきました。
牛滝の上りの気温計は25℃。まだマシな方か~。
ジリジリとアスファルトに焦がされつつ、いよやかの郷の上まで。
5kmほどの緩やかなアップダウンが練習会コースなのですが、いつまだたってもタイムが縮まないんだよな~(´・ω・`)
しかもこの日は上り始めて直後、チェーン落ちという不運に見舞われてモチベーションも↓↓。

最近しょっちゅうチェーンが落ちて困りものです…。
上り始めのシフトチェンジ時に落ちるので、おそらくはギアチェンジと踏み込みのタイミングが悪いことと、後はFDの調整不足が原因なのだろうと思いますが。
練習会後にそんな話をしていたところ、メンバーの走り屋SNさんが一言、

「そもそもインナーに落とさんかったらチェーンも落ちへん」

……5km以上の上りでインナー使わないなんて、貴方だけですから…。

こーゆーチェーン落ち防止をつけようかしら?

2015072703.jpeg

まぁタイムは縮まないのですが、やはり練習は継続することが大事。
特に夏は暑さに慣れるためにも、短時間でも日差しの下を走っておくことが必要なんでしょうな。
帰路ではここ最近の通常運転となりつつある強烈な向い風に負けながら、20㎞の道のりをダラダラ走り。
土曜午前中だけで、走行距離 約65km

2015072701.jpeg

休憩地点でチョウチョにめっちゃまとわりつかれた(笑






翌日、日曜日はメンバーの女子(TRちゃん、MYちゃん)を誘って和歌山までかき氷ライド!
やっぱご褒美がないとね~ww
ご褒美があったら峠も越えられるよね~ww

2015072706.jpeg

いい天気すぎる。


集合場所のショップまでは平坦な国道を走るのですが、信号待ちで隣に来たワンボックスカーがいきなり、

『パパァー、パパッ、パッ、パッ!』

先日の高野山ライドでも後続車からヤな感じで煽られ、非常に敏感になっているワタクシ。
またしても癪に障るクラクションに思わずむかっ腹が立つ。

(おいら、なんも悪いことしてねーし!知らねーし!!)

殊更無視して走り出したのですが、しつこい。
こま切れにある信号でまたしても隣り合ってしまい、幅寄せしてくるワンボックスに

「なんやゴルァ(巻き舌気味)、ご挨拶したろやないかいァアン!?」

という泉州ヤンキーのガチ切れ状態で視線を向けたら、運転手は頭に手ぬぐい巻いたおっちゃん。
ニッコニコしながら、トマトを差し出された。

ファーーーーー?!!?

煽りではなくめっちゃ好意的な応援クラクションだったわけね…。

生憎と信号の関係でトマトはご辞退しましたが、すみませんでした…。
クラクションって注意を喚起する為のものだから不快で当然ですが、こちらも過敏になりすぎてたよな…。
おっちゃん、申し訳ない。
今度お会いしたら有り難くトマト頂きます(笑

2015072708.jpeg
ごちゃごちゃですが、奥からTRちゃんマシン(LOOK)、次郎ちゃん(anchor)、MYちゃんマシン(anchor)

そんなこんなでショップにたどり着くと、その日の参加者は結構沢山。
男性陣は通常練習会の後、加太まで行くらしい。
お見送りをかねてほぼ同時出発、こちらも和歌山、目的の峠へ向かいます。



……と、思ってたんだけど暑さに負けた(笑


大阪、暑すぎィィ!!(´Д`;)


しかも納車約半年のMYちゃん、2、3ヶ月ほど仕事が忙しくほとんど乗れていない状態。
久々のライドでこの気象条件は厳しすぎたね…。スマヌ。
夏ライドの先導役は、まだまだ経験不足のようです。

早々に目的地を変更し、道の駅・愛彩ランドへ。
地元の新鮮な農産物が安く買えるので、朝も早からすんごい行列です。入場規制かかってます(笑

かち割り苺を摂取。
2015072707.jpeg

うんみゃーvv


その後、練習会コースへと合流。
どうやら加太に行く予定だった男性陣も暑さにヘタレたよう(笑
皆で水間奥のパン屋さん、愛のパンで休憩。
電波も届かない山奥なので、さすがに涼しいです。その分車も人も多いですがww


みんなでくっちゃべって、そのご解散。走り始めて三時間くらいだよ(笑
走行距離は前日とほぼ同じ、70kmくらい。
どんだけヘタレてんねん、と我ながら思いましたが、まぁたまにはこういうのも良い経験です。
厳しい環境下で頑張ることも大事ですが、何事もなく無事に帰ってくることが第一条件。
皆様、天候・体調の変化にお気をつけて、楽しい真夏ライドを!!

かき氷は是非リベンジしたい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

効果や如何に ~ただの覚書~

フィッティングから約半月が経ちました。
その間の走行状況としては、

・7/4  93.88km(朝練・犬鳴、鍋谷)
・7/11 約80km(朝練・牛滝、たわわ)
・7/12 約80km(グランフォンド吉野)
・7/20 140.09km(高野山ポタ)

上りの方もそこそこ上ってるんじゃないかなー(非常に曖昧
サンデーライダー(ローラーなし)の場合、一カ月に500~600kmくらいが無理のない距離かと思います。
あン?ローラー?ありますけどね?(笑


まぁ兎に角、フィッティングを経験してから300km以上は走ってみたわけですが、どんなもんかと振り返ってみる。

教えていただいた通り、股関節を意識してクルクル回すことを意識します。
上り坂でもケイデンス重視。ギアは下げても出来るだけ回転数を下げない様にクルクル、クルクル。
すると……太ももがだるい。

だるいっすわ…(´Д`;)
これはやはり太ももの筋力が弱いからなんでしょうなー。
特に先週の高野山の後は、本当に足がだるくてだるくて…。筋肉痛が酷かったです。
翌日に痛みがくるどころか、ライド終盤から既にイタだるい。
帰ってからは専らバンビちゃんやでww

筋肉が鍛えられているのならそれでもいいんですけど…気になるのは張りのある部分。
太ももの全面、膝にかけての部分なんですよね。
腿裏はあまり痛くない…、ということは使えてない、ってことでしょうな。
うーん、これ以上太ももが太くなるのは勘弁してほしいんだが…(^ω^;)

そして最重要事項・膝痛
今のところ以前のような椅子から立ち上がるのも辛い、というような痛みはありませんが、100%膝痛から解放された!とも言い難い気がします。
痛みに関して敏感になっているかもしれませんが、…乗りながらいつ痛み出すかとビクビクしている感じ。
痛くなるのが怖くてがむしゃらには頑張れない。
いかんなぁ、自転車の楽しさ半減だ。

もうちょっと腿の筋肉がついて、股関節を十分回せるようになれば良いのだろうか?
高野山の上りも、雄ノ山峠の往復も、タイムを計ってないのでどれだけ速くなったか、というのは分からない。

っていうかそういう練習に苦手意識があるねんな~(´Д`;)
体育会系の部活でもないのに一分一秒を争う戦いを敢えてはしたくないというか…。
やっぱりワタクシ、競技には向いてませんわ(笑
今更ながら鈴鹿が非常に心配になってきた…。

ただ100km以上走った後の雄ノ山では、前よりちょっと楽に上れたかなー?という気がしないでもない…。
うーん、成長しとるのかね?
体力がついてきたのか?
毎週末激坂続きで耐性が出来たのか?
はたまた雄ノ山峠に慣れただけか?

ペダリング、まだまだ奥深い。
継続は力なり、回したペダルは裏切らない、ってなどっかで聞いたようなセリフを心に刻んでサンデーライダーはこれからも頑張ります!┗(`・ω・´)┛フンヌッ!

耐える真夏ライド

先週半ば、近畿地方に襲来した大型台風。被害に遭われた地方の方々、お見舞い申し上げます。
我が地元は土砂崩れなどの被害は幸いにもありませんでしたが、避難準備の警報がひっきりなしでした。
特に親父殿の携帯が煩くて煩くて…。
設定間違ってない?(#^ω^)ピキピキ


その台風も去り、週末は快晴!
どっか行くぜー、どっか遠く行きたいぜー、どこ行く?どこ行く?
と、考えたは良いけれどやっぱり引き出しが少ないワタクシ。
この炎天下、ろくな下調べもなしに知らない道をボッチで行くのはボヘミアン過ぎる。
健全な生活の為の趣味・ロードバイク。無理しちゃいけません。

なので知ってる範囲で良いところ…。
暑いしな…涼しいところ…やっぱ山しかないか…山か…。
高野山でも行くか。
葛城山でもほとんど標高変わらないし近いけど、あっちは上った先になんにもお楽しみがないからな(笑
こんな暑い日に何もない山上るって、そらド変態に他ならんよ(´_ゝ`)フッ

てなわけで高野山に向けて朝早くから出発。
日の出も早くなりましたし、というか朝早くから出ないと目的地に到着する前にへばってしまいます。

2015072201.jpeg

念のためダブルボトル(補給用・冷却用)です。
ウィザードのツールケース、買ったばっかりなんだけどな~(笑


…しかし、まぁ、なんと言いましょうか。
高野山は一度走った場所ですし、多少ルートは異なれど大した距離でもなし、わざわざレポするほど面白いことも起こりません。
ああ…これがネタがない、ということなのですね…。

ですが折角の記録ブログですし、箇条書きルート情報くらい残しておかねば意味もなかろうて…。


<本日ルート等>

・雄ノ山峠 … 朝は若干涼しい。早朝散歩の人もちらほら。
 ↓
・紀ノ川越え、13号線 … 向い風 キッツいorz
 ↓
・480号線で高野山へ … 九度山駅、370号線より広い
 ↓
・トンネル回避

   2015072202.jpeg

 ↓
・の、つもりが迷子 … 不要なヒルクライムで気力・体力を削られるorz

   2015072204.jpeg ※関西電力 紀北変換所

 ↓
・復帰、370号線と合流 … 茶屋で休憩中、補給ドリンクをひっくり返して補給失敗orz
 ↓
・大門到着 … 見知らぬローディに追跡され、図らずも良いペースw

   2015072205.jpeg

 ↓
胡麻豆腐Get!\(^o^)/ ※カレーはまたしても×

   2015072206.jpeg

 ↓
・480号線で下山 … 後続車両から非常に下品な煽り行為を受ける(怒
 ↓
・九度山道の駅 … 柿ソフトは結構美味しい。

   2015072208.jpeg

 ↓
・往路をHey!You!ターン … 激向い風で気力・体力、以下略orz
 ↓
・雄ノ山峠 … 上り前にチェーン落ちorz ※本日3回目



……ってな感じですかね。あれ、意外と色々あった?(笑
自分としましては、胡麻豆腐の美味さと下界の暑さと、ただただ向い風のライドでありました。
行きも帰りも向い風ってどういうことだ!!!(怒
そして逆方向に走るライダー達の軽快さよ…。


自分にとっての向い風とは、同時に誰かにとっての追い風である、と。


真理を見つけた真夏日なりよ。


(まとめ)

走行距離 140.09km
走行時間 7:16:25
平均時速 19.2km/h



・チェーン落ち対策を考えるべし
・迷子はもうやだ

※ ちなみに迷子箇所はここです

2015072209.jpg
途中でおかしいなとは思ってたんよ…思っててんよ…(´;ω;`)ウッ

2015072203.jpeg
暗くて人気ゼロ・ホラーなトンネル


いつかはごまさんスカイタワー。

2015072207.jpeg

言うだけはタダです(笑

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
吉野は緑だった、

12日、奈良県吉野で行われた山岳グランフォンド吉野に参加してきました。

グランフォンドってなんぞや?と思い調べてみると、「自転車で長距離を走ること」だそうです。
日本では山岳地帯のコースであることが一般的なんだそうな。

上りと言えば毎度毎度、上り嫌いって認識するために上ってる気がする。

「山岳」グランフォンドなんだから上るに決まってますよねぇ…。
吉野なんて奥地、そらしんどいに決まってますよねぇ…。
本当にどうして参加してしまったんでしょうねぇ…。

でもまぁ…申込みしちゃったし、吉野は初めてだし、天気は良いし、で行ってきました☆

朝、ショートコースは9時出走なので、他のみんなより遅れて家を出ます。
会場付近についたころには、既にスーパーロング、ロングコースの人たちが走り出していました。
駐車場に向かうまでが結構な坂道で、道端に転倒した人が!!Σ(゜ロ゜;)!!
何人か巻き込んでの落車っぽい…。怖いな~。

駐車場は広く、余裕があると聞いていたのですがかなりの数の車でごった返していました。
当日参加者は430名ほど。そりゃースペースも埋まっちゃうよね。
なんとか見つけた場所に車を停めて、自転車を組んで受付を済ませ、出走までのんびり待ちます。

2015071301.jpg

ちょっと動いただけで汗が噴き出ます。
ピーカンだよ(古

当日は、ここまで晴れなくても、と思うようなお天気でした。最高気温33.5℃。良すぎる。
どこかの晴れ男さんの威力は凄いようです。お供え物しなきゃ。
日焼け止めも塗りたくりました。休憩の度にも白壁の如く塗ったくりました。
そんなことが出来るのもショートコース、それに一緒に走ったのが女性のTRちゃんだったからでしょう。
男性陣と走るとなるとただでさえ待たせるのに、こんなことでも時間を取らせるのが気が引ける…。

そしていよいよ出走。
わくわくする!くっそー、山岳なのにわくわくする!!

2015071302.jpg

走り出してすぐ、事故車があった危険な下り区域に入りました。
すごい下りです…。帰りにこれを上るのかと思ったら、わくわくがちょっとしぼんだ…(›´ω`‹ )

吉野川を渡り、ちょっとだけアップダウンを越え、16㎞付近で給水。

2015071304.jpg

ボランティアの方が温かくお迎えしてくれます。
飲み物は水・麦茶・薄めたポカリ、食べるほうもパンや果物、小梅ちゃん、葛餅など豊富です。
梅って普段あまり好んでは食べないのですが、ライド中は塩分も取れるしクエン酸で疲労回復、ミネラル補給、と大変ありがたかったです。
そういえば練り梅を補給食にしてる人がいたなぁ。100均で買えるからコスパ良いし、いいかもしんない。

給水の後、ショートコース一番の峠・一谷峠を上っていきます。
結構な上りです…。ていうか暑いです…。
上から太陽がジリジリ、下からの照り返しがジリジリ…。
アスファルトに殺される…。(;´Д`
本当に、夏はこれだから辛い。

最初5kmほどジワジワ上り。
偶然のミニ集団が出来たのですが、先頭が馬鹿ッパヤなオジ様。
爽やかに集団を鬼牽きしてくださいます。
……だ、駄目だ……速すぎる……さらば風除け。

ここでオジ様にガッツリ付いていくTRちゃんと千切れて一人旅。
少し見ない間にTRちゃんは凄く速くなってました。悔しい、負けた…(´;ω;`)
体力もついたんだろうけど、なんつーか、脚質が違うんだよな~。
スプリント力があるというか、パンチャー?
対する自分は瞬発力なんて全然ないですわ…。上りの速度も全くもって遅いし。
ロングライドが性に合ってるというか、それしか出来ません。
今回のグランフォンドでヒシヒシ実感。

いつもならここで心が折れるのですが、今回は見知らぬ人とは言え周りにチラホラ他のローディがいるので道に迷う心配もない。案内板もある。
速さはあきらめ、緑深い吉野の山をイヤと言うほど堪能しながらじりじり走ります。

ダラダラ坂が終わると、2kmほどはキッツイ山道。ギィィィー!!
上りなんか!
嫌いだッッ!!
もう二度と!吉野なんか!来ない!!+゚(゚つ皿`゚)゚+。ワァァン!!

2015071306.jpg

ラスト1kmくらいでTRちゃんにやっと追いつきます。
待たせてごめんね…。え?待ってない?優しい嘘つくなよ…更に心が折れるだろ…(泣

2015071305.jpg

上り終えたら下るのが道理ですね。
この下りも先日の鍋谷レベルで路面状況がよろしくなく、一度後輪が滑ってひやりとする羽目に。(||゚Д゚)ヒィィィ!

そしてたどり着いた、

お楽しみエイドステーィショーン!\(^o^)/
2015071309.jpg

おにぎりー!
そうめんー!!
炭水化物万歳。

2015071308.jpg


暑くなると揚げ物やパンは口にいれづらいですが、おにぎりや麺類は助かります。
吉野葛入りそうめんは稲庭うどんみたいに太めで美味しかったです。
食べながらTRちゃんの目が暑さでイっちゃってました。
大丈夫かいな…(´・ω・`;) あと半分やで~。

エイドステーションを後にし、残り40km。
昼をすぎますます日差しもきつくなりますが、峠はあと一つだけ。
えっちらおっちら、暑さに耐えながら上っているとなんかおかしくなります。

ギッコギッコ、
  「くっそー暑いよー!」
ギッコギッコ、
  「くっそーどこまで上るんよー!!」
ギッコギッコ、
  「くっそー楽しいじゃねーかコンチクショー!!」

ふと気づけば変なニヤニヤ笑いまで浮かんできます。
顔中から色んな汁が出てきます。
ヤバいわ~(笑


そしてラスト、出発地点の吉野川沿いまで戻ってきたときには何とも言えない寂しさが。
寂しさというか、物足りなさ?
勿論もう山なんか上りたくねーよ!という思いもあるのですが、滅多にない吉野の道、もっと走りたかったかも…。
おかしいなぁ…、これが吉野の力なのか…。
最初と言ってること180度違うやん(笑

駐車場までの上りは最初の予想通り、壁か!?というえげつなさでしたが、TRちゃんと共に無事完走!
距離約80km、4時間半ほどでの到着です。
※ 最初の5、6kmはサイコン起動させ忘れてたので正しいデータがない(^^;

ゴール地点では無料で!かき氷!!!

2015071310.jpg

白玉あずき!!!
これ本当に食べちゃって良いんですかァァァ!のし感激!!\(^o^)/
グランフォンド吉野、エイドの質高い!


他にも柿の葉寿司(うまい!)とかグリーンティー(うまい!!)とかモリモリ食べながら待機していると、スーパーロング・ロングコースの方も次々帰還されます。

大会ゲストの三船雅彦選手と記念撮影もしてもろたよ!!すげー!!

2015071313.jpeg

チームのみんなも全員帰還。
が、半分くらいが転倒して膝すりむいたりとかしてました。やはりこのコース、過酷やねんな…(汗


山岳グランフォンド吉野、沢山のボランティアの方々のおかげで最後は楽しい思い出になりました。
しんどかったけど、っていうかいつでもどこ走ってもしんどいんだけど、どうして走り終えた後は「楽しかった」っていう、それ以外の感想は思いつかないのでしょう…。
語彙力がないだけか?(笑

とりあえず、吉野、ありがとうございました~!

2015071311.jpg

売店の猫さんも!ありがとね!!

2015071312.jpg


あ、先日の作りすぎたライスケーキはこの日のメンバーに無理やり押し付け配って片づけました。
皆さん「案外いける」「美味しいよ」って、優しい…(´;ω;`)
その優しさを上りでも発揮して下さるとなお嬉しいのだが…(´;ω;`)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

自作補給食とお味の微妙な関係

やっと週末。
今週はずっとうっとい天気で、心も体もジメジメしてしまいます。
台風も近づいて、日曜のグランフォンド吉野が流されないか不安です。日ごろの行いも悪いからな…(´・ω・`)

土曜日はちょっと晴れそうなので、脚ならしに少しだけ走ろうかな?
ならばと思いつきで補給食を作ってみることにしました。


いつもいつもコンビニにピットインだと味気ないですし、でも毎回グルメポタに行くわけでもない。
ていうかお財布がもたん…(笑


用意する材料は、

・米 500g
・水 1リットル
・クリームチーズ 200g
・ココナッツオイル 大さじ2
・白砂糖 大さじ2
・バニラエッセンス 小さじ1/4
・ナツメグ 小さじ 1/4
・シナモンスティック 1本
・ドライフルーツ 1袋 80g


察しの良い方は、材料を見ただけで何を作るか分かるかもしれません。
補給食として最近メジャーなようですし、何より簡単そう。

作り方は、

① 米・水・砂糖・バニラエッセンス・ナツメグ・シナモンスティックを鍋にブチ込んで20分以上炊く。

② 水がなくなったら5分蒸らす。

③ ボウルで炊き上げた米とクリームチーズ・ココナッツオイルを良く混ぜる。
  好みでドライフルーツも混ぜる。

④ ラップを敷いたバットに2cmくらいの厚さで敷き詰め、熱いうちにラップで密封。

⑤ 粗熱が取れたら冷蔵庫で一晩冷やす。

超簡単!
工程の写真?
撮り忘れたよ!!
ココナッツオイルの瓶を倒しちゃって、ばれない様に処理するので大変だったんだYO!!ww

で、一晩寝かせたものがこちらになりま~す☆

2015071002.jpg

もうお分かりですね?
そう!Team Skyの補給食、ライスケーキです!
……ライスケーキっつったらライスケーキなんだよ!!(`皿´;)キィィ

冷やして固くなったものを適当な大きさで切り分け、一つずつアルミでラッピング。
2015071003.jpg
2015071004.jpg

結構な量になりました。半分の量で作ればよかった;;
香りは…うん、まぁ、材料そのままだ。
何が入ってるのかすぐ分かる香り。
シナモンにナツメグに…、如何にも外国のお菓子って感じ。
…こういうの、あんま好きな香りじゃないんだよな。日本人向けじゃない。
何故作ったし。
いやまぁ、有名どころだったし…簡単そうだったし…実際簡単だったし…。
ちなみに純和風の舌をお持ちの、のし父のご感想は「匂いで無理」でした。


で、肝心のお味の方は………



……うん……。



取りあえず、お米はちゃんと炊けてました……。



多分ワタクシの料理スキルがどーこーではなく、これはこういう味なんだろうなと思います。
Raphaのカフェでも買えるそうで、食べたことがないので再現率がどれほどかは分からないのですが。
まさしく、たまにもらう海外旅行のお土産の味。
好き嫌いが分かれそう。
ドライフルーツの方は甘く仕上がりましたが、プレーンの方は全然甘くない。
お菓子という感じではないです。

実際今日の練習に持って行って食べたのですが…
飲み込むのに時間がかかった…。すごく水で流し込んだ感。
やっぱココナッツオイルがな~…。
まぁ確かに手軽にカロリーは取れそうだよね…ハハ…。
この量、どうやって処分しよう。


こんなレシピもありました。
日本人にはこっちの方がお握りみたいで食べやすいかと。

http://www.overlander.co.jp/jitetore/jitetorehint20111229.html





そんなこんなで、自作ライスケーキ・結論。

・作り方は簡単。
・味は好みが分かれそう。
・秋冬向き。


追記

ここ二日ほど、メンテナンスだとかでブログ村のマイページに入れませんでした。
改めて入ってみたら、こんなんなってた。

20150710.png

………ヨークシャーテリアは飼ったことないよ?(笑



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
涙の土曜練 ~松田YOU作への道~ その2

前回の続き。

和歌山広域農道にて、連続アップダウンに思わず松田YOU作と化したワタクシ。
小雨降る中、えっちらおっちら踏ん張って越えていきます…。
ジーパン刑事よ、永遠に。見たことないけど。


こういう極端なアップダウンって難しいんですよねぇ。
下りの勢いのまま上りきれれば一番良いけれど、そうそう上手くはいかない。
上りの中腹、悪ければ序盤で失速するし、そこからの頑張り具合がなかなか掴めない。

勢いに乗せてがむしゃらに頑張ればいいのか?
勢いが落ちるまで流れに任せて、そこからゆるゆる回せばいいのか?

ベテラン勢は良く後者を推しますが、効率良く走れてる気がしない…。
かといって前者でいっても、がむしゃら=必死ダンシング になってただただしんどいし。
頭では後者が良いのだろう、と納得というか、分かっているのですが、その走りを習得するにはなかなか骨が折れそうです。


またしても安心安定の最後尾で皆さんを追いかけ、やっとこなんじゃこりゃアップダウン×3を終えた後、ちょこちょこ目に入る「華岡青洲」の文字。
江戸時代、和歌山出身の外科医で、世界で初めて全身麻酔での手術を行ったんだそうな。
建築家の故・黒川紀章が設計した博物館?もこの辺じゃなかったかいなー。
徳川吉宗と並んで和歌山二大偉人やもんなー。宣伝にも力入るわなー。

なんて現実逃避をしながら走っていると(当然ほかの皆様は遥か彼方)、ずっと京奈和自動車道に沿っていた広域農道が逸れ始めます。
そろそろ大阪への道、交差点で先行した他メンバーが待機してくれてました。


「じゃー、ふうの丘で休憩いれよか」


やっと休憩かぁ、…で、ふうの丘って?


「あっち」


…えっ、え?(二度見


「あっち」(いい笑顔


…なんじゃこりゃぁぁ!!!


はい、松田YOU作 3回目。
示されたのは真っ直ぐ山へと沿って伸びる、白いガードレールの向こう……。
マジかよ……(›´ω`‹ ) ゲッソリーニ
小雨が骨身に沁みるぜ……(物理


ヒーコラヒーコラ、上った先はファーマーズマーケット・ふうの丘。

2015070801.jpeg

2015070802.jpeg

旬の野菜や果物が安く買えるということで、ファーマーズマーケットとしては規模そこそこですが、地元民で結構にぎわってました。

2015070803.jpeg

桃食べたい(笑

先に到着、休憩していた皆さんにならって温かい揚げたてコロッケ(80円)を購入。
…美味いんだけど…揚げ物はちと辛いかな…(´ω`;)
気温が高くなくてかえって助かったかも。
皆さん美味しそうに食べてるけど、ワタクシまじでグッタリ。
なんという手頃なドSコース…。あの広域農道は松田YOU作ロードと名付けよう。ハイ決定ww


ふうの丘で中休憩をとったあとは、大阪に向けて帰還します。
どこを走るかと言えば…悪名高き、鍋谷峠。
和歌山側からの上りを、通称「裏鍋」と言います。
  …和歌山の人は逆に呼ぶんですかね?(笑

まぁ悪名高き、というのはワタクシの勝手な思い込みですが。

・路面状況が悪い
・道が狭い
・交通量が多い

など聞かされ、悪い印象が強い。
皆から止めとけと言われるし、現住所的にもそう良い位置ではないし、で今まで上ったことがありませんでした。
う~む、しかし大阪南部に住んでいる限り、いつまでも避けては通れない峠です、鍋谷峠。
仕方ない…、腹をくくって上り始めます。

ふうの丘から下って、最初は割と広くて良い道。最近整備されたそうですね。
ただびみょ~~~な斜度があるようで、全然速度が上がらない…。しんどい…。
わかっちゃいるけど、早々に他メンバーの姿が見えなくなるのも辛い…(笑

「いや、スタートはまだ先だよ」

え…。何それ…。
軽く絶望を与えられながら走っていると、目の前に山が……。
あ、あれ……
な、
な、

なんッじゃこりゃぁぁあ!?!?


おかしい!
ガードレールの位置、おかしい!!
あんなところまで上るの?!無理だよ!!
松田YOU作ロードは終わったはずじゃなかったのか!!
なんという視界の暴力。
見た目だけで三十路女を泣かせる鍋谷峠。
最早脚つき上等、歩いた方が絶対早いナメクジ速度でジリジリ上ることとします…。

2015070804.jpeg

全体苔生した壁。

2015070805.jpeg

一瞬視界が開けてもうすぐ?あとちょっと?の錯覚に囚われるが残念まだまだ。

ブロガーの端くれとして意地で撮った写真ですが、雨でレンズが曇ってますね。(´・ω・`)しかもブレブレ…
一旦自転車を降りて撮れば良かったんですが、脚をついたが最後、絶対上りきれない気がして降りれませんでした。
ボッチ登坂は慣れてますが、ほんまダラダラ長い。
いつ速い人が可愛がりという名のお迎えに来てくれるかと、今か今かとチームジャージを待ちわびていたのですが、一向に現れない。
どこまで続くねん…!!(泣
心折れる…

やっとOさんの姿が見えて、

「あと1キロ!」

の励ましにペダルを回す。
また少しして、KCさんが降りてきてくれた。

「あと1キロ!」

変わってへんやん。

Oさん 「いやまぁ、約1キロってことだよ(笑」

貴様ァァァ
上り中の距離詐称は万死に値すると知っての所業かァァァ(怒

しかし残り1キロを本当に(笑)切ると、また他のチームジャージが降りてきてくれます。
降りてきて、くれて…
みんな…


全員でお迎えに来るのヤメテ \(^q^)/


とんだ逆VIP扱いだぜww
更にチームでも有名な走り屋DKさんがつきっきりで上りコーチングをしてくれます。

「下向いたら呼吸がしんどくなるから!前向いて!」
「上ハン持つときは親指握り込まないで、ほかの指と方向同じにしたら楽やから!」
「どうしようもなくなったらダンシングで休むんや!!」


なにしたって上りで休めるかっちゅーの \(^q^)/


前々から思いますが、この『休むダンシング』って謎なのですよね…。
ペダルを踏むのではなく体重で落して回す、って理論らしいですが、腕と背筋が攣りそうになるんだがww

いやいやもうマジで休みつつ上るとかそんな段階やのうて、鍋谷どこまで続くん…ヒィヒィ

ゴールは鍋谷峠の看板を少し過ぎた、電光気温計。

2015070806.jpeg


力尽きたワタクシをMさんが激写。

2015070807.jpeg


登頂記念?半死ですなww
まぁ、一度は行っておかないといけないと思っていた鍋谷を撃破?出来た?ので、良しとしましょう…。

思ってたより速かったよ、なんて言われていい気にしてもらって、今度は下りです。
大阪への下りは和歌山側より斜度がきつく、段差も多い。
しかも雨がずっと降ってるその日は路面コンディション最悪。
細心の注意を払って慎重に下りるのですが、冗談抜きで三回くらい死ぬかと思た。
雨で体が冷えて寒いわ、
枝・小石オンパレードの小川状態だわ、
取付が甘かったテールライトもぶっ飛ぶわ、(無事回収できましたが)


雨の鍋谷、ダメ・絶対。

景色は悪くないので、和歌山側からのゆ~っくりのんびり帰還経路としてなら有りかもしれませんがね~。
全体的にそんなにキツイ峠ではないはずなのですが、多くの人がどこかへ遠征した後にここを越えて大阪へ帰るので、鍋谷=特別しんどい というイメージを抱きがちなのだとか。なるほどな~。


這う這うの体で下り終えた後も雨は同じような調子でずっと降り続け、寒さに震えながら戻ったのでありました。
涙の土曜練…、これにて閉幕!


(まとめ)

走行距離 93.88km
走行時間 4:38:58
平均速度 20.2km/h

・裏鍋は余力をもって臨むべし
・一旦濡れた後は案外雨も平気
・ただし平常時の倍以上注意すべし
・雨の後はしっかり水分をふき取るべし



涙の土曜練 ~松田YOU作への道~

フィッティングの翌日、ショップメンバーの練習に行って参りました。

7/12にグランフォンド吉野があり、皆さんは距離160km、獲得標高2,900mの鬼畜ロングコースに出るので、今回は起伏ある練習コースです。
ワタクシはまだ人間味を残したショートコース(距離81km、獲得標高1,200m)なので、まぁちょうどいいくらい?
午前中くらいで走り終える予定ですので、集合時間は早め。
6時半にショップ横に集合、とのこと。

で、翌日。


起床:6時過ぎ


あっ、こりゃダメだー\(^q^)/

ラインでDNSを伝えたところ、犬鳴山前からの途中合流も可、ということだったのでそちらに向かいました。
それでも急がねばなりません。
超短縮ダッシュ、最短距離を頑張って、何とか予定の7時半前に第2合流地点に到着。
は~、助かったぜぇ…(´▽`;) ホッ

先発隊の到着を待つまでに、朝ごはんをモリモリ。
その間、新しい機材・ポジションをチェック。
ほぼ平地のルートだったので下ハンを握る機会がなく、正直コンパクトハンドルの良さはまだわからない。
けどカーボンシートポストとオニューサドルのおかげで、お尻全く痛くない!!(*´∀`*)
こりゃいいわー♪
あと、教わった「踏むのは最初だけ、あとは太腿を上げる力で回す」ペダリングを意識して走ってみたところ、太もも怠い……orz
なるほど確かに太ももの筋力が足りないんだなぁ。
ハンドルも一気にガツンと下げたので、微妙に腰が辛いかもしれぬ…。

大丈夫かな?ちょっと不安に思ってた頃、先発隊到着。とりあえず出発です。


まず、犬鳴山越え。

…犬鳴山も苦手なんだよなぁ…。
イヤイヤ得意な上りなんかあるんかい、って話ではあるのですが(笑
結構きついし、だらだら長いんだよなぁ…。
一瞬上りが楽になる場所があるのですが、そこからまたしんどくなるんだよなぁ…。
しんどくなるポイントは分かっているのでそこを何とかせにゃ。
クリアしながらも、やっぱ太もも怠い。
トンネル前で先行した私以外の全員と合流、そのまま和歌山側へ下ります…


…って怖い怖い怖い怖い!!!!

犬鳴の和歌山への下り、怖すぎる!!
その日は風が強いのもありましたが、新しいタイヤが転がりすぎるのか?
特にダンプなどの交通量も多いので、追い立てられ感もあります。
兎に角すっごい怖かったぜ…(›´ω`‹ ) ゲッソリーニ

ですがここでコンパクトハンドルの真価が!
下ハンを握ったときの視界の落差が小さい!
腕が楽!
替えてもらっておいてよかった~~!あぶしゅさん、ありがとうござますぅぅ


あと別件の「怖い話」ですが、トンネル内を走る際のサングラス事情。


曇る曇る曇る曇る~~!!

思わずムスカ大佐(「目がァァ、目がァァァァ」)にもなっちゃうよね…。これも怖い。
でもしないわけにもいかないので、トンネルに入る直前、ちょっとだけ下にずらしてるのですがどうなんかな~。
水泳のゴーグルみたいに曇り防止とか塗ればいいんですかね?



そんなヒヤッとダウンヒルを終えて、また再出発をしようとしたところ…

ポツ、ポツ…

あ、雨やて~!!?

ヤバいかも?と思ってたけれどやっぱり降ってきてしまった(´Д`;)
けど雨雲は薄そうだし、ほんの小雨だし、すぐ止むんじゃないかな?いや止むでしょ、止むに違いないよ!
…という願望のもと、犬鳴山を下ってすぐの広域農道をぶっ飛ばします。

トレイン速度が遅いので、いつも最初は先頭から二、三番目に入れてもらい走り出すのですが、

先頭!速いってェェェ!!

全く風よけにならん。
あっという間にぶっちぎれます。
吉野に備えた練習って…気合入りすぎやろ…。

途中、他メンバーのパンクがあり一旦停止したのですが、既に息絶え絶え(笑
今日、最後までついていけるんじゃろか…(´Д`;)
ゆるゆるとか、やっぱり嘘ばっかりや…(´Д`;)

初めての道でペース配分もつかめないし、雨も小雨ながら止まないし、めっちゃ不安や…

2015070801.jpg

そんな不安は余所にパンク修理も無事終わり、再出発…。
しかし走り出してすぐ、目に飛び込んできたのはガーン!と下ってドーン!と上るアップダウン!

なんじゃこりゃぁ!!

今度は松田YOU作になっちゃったよ(笑
せやけどしゃーないわ、頑張れ、頑張れ自分…!うがあぁぁ!!
あとちょっと、あと一息…、よっしゃあそこまでいけば…!!

乗り越えた先には…ガーン!ドーン!×3!!!


なんじゃこりゃぁぁぁ!!!


松田YOU作への道は続く…。\(^q^)/

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

心地よい乗り物、自転車 その3
まだ続くよ、次郎ちゃん改造レポ 第3弾!

やっとフィッティングです(笑
大阪のフィッティング、いくつかありますがこちらのお店にお願いしました。

Personal Coaching & Bike Fit Studio "Unity"

そもそもは大阪のトライアスロンコミュニティーである、大阪トライアスロン倶楽部のコーチの一人・溝端祐一氏が、トライアスロン全体のコーチング教室として割と最近開業されたらしいです。
ワタクシはバイクのフィッティングだけですが、ランやスイムのコーチもあるらしいです。
ご自身のアスリートとしての経歴もさることながら、コーチとしてもいろんな戦場を渡り歩いてこられた歴戦の勇者。
ちゃんと解剖学を学んだ上でのフィッティングですので、説得力があります。
普段走る格好で、固定ローラーに設置された次郎ちゃんでみっっちり二時間、機材のセッティングとペダリングの指導をしていただきました。

まず最初に、固定ローラーの上で片足のみクリートを付けた状態で、そのまま片足ペダリング。
現状のペダリングを確認するのですが…。


回せぬ(笑


あ、あれっ、どうすんの。あれ?
ペダルってどうやって回すんだっけ?汗
こ、こう?あれれ??

……診断の結果、見本のような効率の悪いペダリングのようでした……orz

サドルの高さ・クリートの位置などもありますが、力のいれどころ?がいけないらしい。
12時から2時の間に踏み込み、あとは股関節を上げてペダルを回す』のが効率の良いペダリングだそうで。
「踏む」動作に力を入れすぎると、そりゃー膝痛くなるよーってことらしい。…らしいよ…。
なんか理論的なことを沢山聞いて納得出来たんですけど、この残念な頭では正確には伝えられないですわ…スンマセン。

あと、良くビンディングシューズの利点として引き足が使える、ということを聞きますが、この「引き足」ってイメージ、ペダリングの8時から10時の印象がありませんか?
ワタクシはそういうイメージだったのですが、なんでも引き足というのは日本語の翻訳誤りだそうで、言葉としては「太もも上げ」という方が正解…らしいよー(最早投げやり

そして股関節を意識して動かす、というのがまた難しい。
固定ローラーの上で股関節を動かす練習……つらい…苦しい…全然続かないよ!(´Д`;)ヒィヒィ
特別体が固いわけではないので、結論としては太ももの筋力が足りない、ということですな…。


また、今回のコーチングの中で一番耳ダンボになったところは、
これまでのままのペダリングでは、どれだけ頑張って回しても「足が太くなるだけ」というところ…。

な、なにー!!
負荷を高くしてガシガシこいだら足が太くなる、ってのは良く聞くから、兎に角軽負荷、高ケイデンスでクルクル回してりゃー足が細くなるって話じゃなかったのか!!
「回してる」つもりでも結局「踏んでる」ことになってたのか!!

詳しいことはワタクシの曖昧な話ではなく、ちゃんと専門家の指導のもとで学習していただきたいのですが、自転車に乗ってトレーニングを始める前に、まずはきっちり正しいペダリングスタイルを身につけねばならぬ、ということですな…。
素人一人ではどんなに頑張っても、それは自己流でしかないのですね。
効率よく正しいペダリングの習得、それが自転車というスポーツを行う上での、上達、なんだそうです。うーん、深い…
矯正が必要なほど変な癖がついていなかったことが、まだ幸いだったのかな。
特に自転車で痩せたい人や足が太くなりたくない人はひとつ、フィッティングという手段をお心に留めておいて損はないかも(笑


最終結果としてサドルの高さ、前後位置、クリート位置、ハンドルの高さなどを調整してもらいまして、

2015070311.jpg

こんなにコラムが出ちゃったですよ…(笑

まぁ、今までほとんどポジションイジってなかったし。
初めてのロードバイク購入だったんだから、そら当然初心者ポジションなわけですし。
“超初心者ポジション”から“そこそこ頑張るポジション”となりました。


その後は建物1階の、大阪トライアスロン倶楽部本拠地?みたいなカフェ、Athlete Cafe "Field"にて遅めの昼食。

2015070312.jpg

バランスの良い、お味薄目の健康的なランチ。
これがうわさに聞くアスリート飯ってやつか…!ww

帰りにちょっと車で寄り道などしたので、実走は明日に持ち越しとなりました。

果たして超初心者が2時間15,000円のフィッティングでどれほどレベルアップできたのか…。

乞うご期待!\(^o^)/

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

心地よい乗り物、自転車 その2

前回の続き。

長すぎる前置きでスミマセンでした。
やっと大改造、本編です。

  …関係ないけど、『改造』ってなんか子供心をくすぐる言葉ですよね。
  僅差で『秘密基地』も好きです。いいね!



おっと本題。

次郎ちゃん改造は、広くて試走スペースもある堺浜にて行われました。
7/3(金)の午前中、直接堺浜にて合流。お互い車です。


…7/3って、平日じゃなかった?

有給だよ!(`・ω・´)キリッ

真面目に働いてんだもん、たまにはいーじゃない!
自転車休みだよ!やったんよ!ドヤァ!(笑


って、まぁそんな事情はどうでもよく。
ちょっと混み気味な道路事情で遅れてしまったワタクシを堺浜にて迎えたのは…


あぶしゅさん 「工具忘れちゃって」


マジすかwwww
他人事とはおもえないあるあるwwww


と、いうことで急きょ、“工房・あぶしゅ”へ。
合流してから早速、改造に取り掛ります。あぶしゅさんが。

まずはシートポストの交換。
先日注文したサドルも来たので、『こらええ機会や~\(^o^)/』とばかりに一緒に取り付けていただきます(笑

2015070304.jpg

シートクランプもカーボンシート用に取り換え。

2015070305.jpg

左:カーボン用、右:アルミ用
繊細なカーボン素材が破損しないように、切れ込み?が斜めになっているのが特徴だそうです。
良く聞く話ですが、カーボン素材を締める場合、力加減を間違えると『パキッ』といっちゃうそうですね…。ヒィィ…

2015070306.jpg

ロゴがカッコいいね!
っていうかオニューだもんね!素敵!


次にハンドルの交換。
当日気づいたのですが、ワイヤーはハンドルに取り付けているので、当然、

バーテープ、張り替え…(白目


うん、いや、ええ、これくらいなんでもありませんよ。
ハンドル交換に比べりゃバーテープ張り替えなんて、遊びみたいなもんですよ…(震え声

とにかくごそっと変えてもらいます。
STIレバーの取り外しから。

2015070307.jpg

前:アナトミック・次郎・ハンドル、…長のお勤め、ご苦労さまっしたァ!

2015070308.jpg

そして後:新、アナトミック・シャロー・ジロー・ハンドル(笑)、装 着 !!

2015070309.jpg

        / ガショーン \

並べてみるとやはり大きく違うものですね…。

再びバーテープをあぶしゅさん監修のもと巻き巻きして、細かい調整をしていただき、完成です!

2015070310.jpg

あぶしゅさんの作業の早いこと早いこと…。
流石、慣れてる人は違う。
流れるような作業には、「あ~、次、どうすればいいんだっけ?」と悩む時間がない。
無駄がないのですね。だから正確だし、早く終わる。
たくさんの経験による匠の技、カッコいいです。

次の予定に良い時間だったので、軽くクルッと走るばかりで慌ただしく工房・あぶしゅを後に。
モノ、技術、そしてご厚意。
いつか何かの形でお返しできたらいいなと思うのですが…(´∀`;)
また、ワタクシも他の誰かに同じようにしてあげることが出来たら、それはとても良いことですよね。
優しくされたら優しくしてあげたい。うーむ。真理。


そうしてワタクシと借り物・頂き物ばかりで構成された次郎ちゃんwwwは意気揚々と、フィッティングに向かったのでした…

ツヅク!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村


工房 あぶしゅ・追記

ちょっとだけ乗せてもらった、奥様通勤用のフラットバーロード、BASSO LAGUNA 2009。
軽いッッ
軽い!!!次郎ちゃんと全然違う!!!
これがカーボンフレームの軽さってやつなの?
え?ほんとにこれでいいの?これが普通なの?
ワタクシみたいなヘビー級が乗っちゃだめなんじゃないの?
持ってみて軽いし、漕ぎ出してみて軽い……。
…次郎ちゃんとのギャップにちょっとショック…(笑




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。